元旅行会社員が考える、海外旅行が初めて・苦手な方にも台湾をオススメできる7つの理由

台湾

人気観光地、台湾。台湾へ行ったことがある方も多いかもしれません。

元旅行会社員であり、現在台湾に在住している私にとっても台湾はとてもいい国で、今後旅行を考えている方には是非オススメしたい国です!既に来たことがある方も何度でも♪)

でもそれだけでなく、海外旅行が初めての方、海外旅行が少し苦手な方にも、台湾はオススメなんです。

それはなぜか?7つの理由をご紹介します!

台湾人が優しくて親切・親日家が多い

まず挙げるのが、人が温かいことです。

旅先での出会いや人との関わりを通じて心が豊かになることは旅行の醍醐味といえます。

台湾人は優しく、情に厚く、面倒見がいい人が多いと思います。

台湾人同士が日頃から助け合って暮らしているだけでなく、街中で困っている観光客にも声を掛けるなど、義理堅い国民性を感じます。

日本にいいイメージを持っている人が多く、親日家が多いことでも知られており

日本に行ったことがある台湾人も多く、日本のここに行ったことがあると写真を見せてもらったことが何度もあります。

また台湾では年配の方や小さい子どもに優しくする文化が根付いており、電車やバスにある「博愛座」と書かれた優先席はみんな空いていても座らないので、私達も座らないようにしましょう!

治安がいい

基本的にスリや詐欺・物取りなどは多くないです。

また台湾は夜に外出しても安全だといえると思います。夜市が根付いていることでも有名です。

もちろん日本で犯罪が起こるのと同じで、台湾でも犯罪がないわけではないので自分で自分を守る意識は大事ですが、海外の中では治安がよく安全な国です。

常にスリ・詐欺などの危険と隣り合わせの国は多々あるので、安全な国で暮らしている日本人にとって台湾は過ごしやすい国だと思います。

食事が日本人の口に合う・外食費が安い

旅行の中で食事は満足度に大きく関わると思いますが、台湾の食事は日本人の口に合うと思います。

異国の地の食事が好きな方は是非現地人が行くようなお店に行ってもらうと外食費も安く抑えることが可能です!

台湾は外食文化で日頃から外食したり、食事をテイクアウトして家で食べることが主流のため、台湾料理のお店は料金が格安に設定されています。

ですが味に敏感な方の中には八角の味が苦手な方がおり、そういう方には魯肉飯(ルーローハン)や牛肉麺(ニュウロウメン)は苦手だと思いますので

そんな方にも好まれそうな台湾料理をいくつか挙げると、小籠包・水餃子・チャーハンはどのお店で食べても日本人が想像する味のものが出てくると思いますので、お店選びの参考にしてもらいたいです!

また中には日本食しか食べたくない・食べられない方もいらっしゃるかと思いますが

台湾は日本食レストランも多くあるので、空腹に苦しむことはないと思います!笑(料金は台湾料理に比べると高めではありますが・・)

日本食だけに限らず、外食レストランのバラエティーは日本と同じく豊かなので、アメリカ料理やイタリア料理などのお店もたくさんありますよ♪(こちらも値段は高めです)

距離が近く、渡航時間が短い

飛行機に乗ることが好きな方もいるけど、苦手な方もいますよね。

私も国内外、何回乗ったか分からないくらいですが好きじゃないです。狭いし、乾燥するし、疲れます。慣れるけど、どこでもドアがあればいいのにとよく思います(笑)

その点、台湾はとっても近い!

羽田空港から台北 松山空港まで、約3時間半で到着します!

沖縄に行くのが約2時間半なので、プラス1時間乗れば海外に行けるのは嬉しいですね♪

台北に観光地が密集している・空港からのアクセスが便利

日本からとても近い台湾。3泊4日や2泊3日でも十分旅行できる距離なのは前述のとおりです。

そんな短い日程で旅行している方にとって、移動に時間をかけるのはもったいないことですが

台湾なら主要観光地が台北に密集しているため満足度が高い旅行ができます!

(千と千尋の神隠しの舞台として有名な九份は台北から離れています)

また台北 松山空港が台北市内にあり、地下鉄のMRTも通っておりアクセスがいいため、到着してすぐに観光地に移動することも可能です!

台湾の地下鉄MRTが乗りやすく分かりやすい・交通費が安い

日本人でも関東の電車に慣れている人が関西の電車に乗ろうとすると混乱しちゃいますよね?

海外なら尚更・・なんてことはよくある話ですが、台湾では別です!

MRTがとっても分かりやすく、簡単なんです!

https://web.metro.taipei/img/all/metrotaipeimap.jpg

台北捷運(MRT)路線図

このように分かりやすい色で線が分かれており、目的地に行くまでにどの電車に乗ればいいのか、また乗り換えはどうすればいいのかも考えやすいです。

チケットを買う際も、券売機に日本語を設定できるため、操作に迷うこともなし!

ここの押して、日本語に設定すれば

とっても分かりやすい!

(前述していますが、台湾では年配の方や小さい子どもに優しくする文化が根付いており、電車やバスにある「博愛座」と書かれた優先席はみんな空いていても座らないので、私達も座らないようにしましょう!)

ちなみに台湾のMRTは改札に入ったら全ての飲食禁止です。(タバコも日本同様に禁止)

最高7,500元(日本円で約33,750円)の罰金なのでお気を付けください。

言葉に困ることが少ない

外国を旅するハードルが高く感じる大きな理由のひとつ、「現地の言葉が話せない」という点が挙げられると思います。

でも台湾の人気観光地、台北では比較的、日本語が通じます!日本人に人気な観光地なのでお店の方が簡単な日本語を話せたり、日本語メニューが用意されていることが多いです。

日本語が通じなくても、簡単な英単語(数字・ライスなどの単語)と、指差しやジェスチャーで理解してくれます。

私はこれは台湾人が優しいことが理由だと考えていて、こちらが話せなくても成立したり、私が翻訳機を使っても嫌な顔をされなかったり。

台湾の方が翻訳機を使って、私に言葉を伝えようとしてくれたことも度々経験しています。

私の経験上、台湾以外の外国の国だとめんどくさがられることがほとんどで、店員さん同士で顔を見合わせて首を傾げられたり。そんな風に思ってないかもしれませんが、こんな言葉も分からずここに来たの?と言われているような気持ちになったことも。(実際、そうなんですけどね・・・)

また台湾は漢字が使用されているので、文章はなんとなく意味が分かるのも日本人にとって利点です!

※外国で日本語を話せる人は詐欺というか、ぼったくりのイメージが多い方もいるかもしれませんが、台湾はそういう話せる人とは違うと感じます。

まとめ

いかがだったでしょうか♪

日本とのギャップが少ない台湾は、いい意味で外国にいる感覚を忘れるような時を過ごせると思います♪

台湾は誰にでもオススメできる、とってもいい国なんです!

これを読んだ方が台湾旅行を選択したり、台湾を好きになっていただけたらとても嬉しいです!

断定的な言い方は避けていますが、100%こうであるとは言い切れません。

掲載の料金は2023年時点での料金です。

日本円は1元=4.5円で計算しています。(2023年7月時点でのレート)

コメント